先日、職場の人と職場のすぐ近くのお店で軽くお昼休みにランチすることになったのです。本当にすぐ近くにあるお店なのに私は一度も入ったことがありませんでした。一緒にランチしたのは後輩の男性と違う部署の女の子です。その女の子とは挨拶程度しかしたことがなく、顔を合わせることはほとんどないのでしっかりと話したのはほぼ初めてと言って良いぐらいですね。

軽いイタリアンのお店でしたが、定食風にスープとサラダとメインがコーヒーと一緒に出てくる、といった感じのクイックランチ形式のお店。あまり時間がないお昼休みには便利です。早速三人で注文して挨拶をしてスマホのモデルは何を使っているなどの話で盛り上がっていたところ、後輩はなんと急用ができてしまったらしく、急遽注文したランチをテイクアウトに変更して一人だけ先にその場を去って行ってしまったのです。

ちょっと気まずかったですね、初対面のあまり良く知らない人と二人だけといった状態は。同じ部署の女の子なら良く話すので困らなかったのですが、本当にこの女の子だけは初対面同然で、お互い何も知らないのでどういう話題をすれば良いのか私には分かりませんでした。

少しユニークな雰囲気の方で、ちょっとどこまで個人的なことを聞いても良いのか分からなかったのでできるだけ当たり障りのない話題だけにしておこうと思い、とりあえず普段呼ばれているあだ名をさりげなく聞いてみたのです。普段呼ばれているあだ名をさりげなく聞き出そうと思ったんです。そこから仲良くなれるかなと。

そしたら「あだ名なんてないのです、生まれてから一度もあだ名を付けられたことがないですし、名前でしか呼ばれたことがないのです」と教えてくれました。

まあ中にはいますよね、あだ名を付けにくい名前やあだ名よりも名前そのものの方がしっくり来る人。名前を聞いてみたらかなり長い名前でした、4文字もあるのですね。ちょっと古典にでも出て来そうな日本っぽいお上品な名前でした。

後輩の話によると大学はイギリスの大学を出ているとのこと。しかも文系と理系の学位を二つとも取得したとか。イギリスの大学は在学期間が短いのでそれがしやすかったそうです。日本の大学は大体4年間ありますがイギリスは3年ぐらい、と言っていました。

イギリス留学と関係あるかは分かりませんが、食べ方には独特な品格を感じる人なのです。名前も長くて珍しいですし、イギリス留学もしていますし、食べ方もお上品なので思わずご両親のことやお家のことを聞いてみたくなるような女性ですが、ここは自分の好奇心を抑えて我慢。嫌がられたら困りますからね。

一応名前のことや職場の近くの環境のことぐらいでしたね、した話題は。無事ランチを終えて仕事に戻ることができて良かったです。


なんてちょっと緊張した本日でした!